必要時、以下よりダウンロードしてお使いください。

指示書

訪問看護指示書について

◆訪問看護の利用対象者は、その主治医が指定訪問看護の必要性を認めたものに限られます。そのため、訪問看護ステーションは、訪問看護の提供の開始に際しては、利用者の主治医が発行する「訪問看護指示書」の交付を受ける必要があります。

◆訪問看護の実施に当たっては、慎重な状況判断が要求されることを踏まえ、主治医との密接な連携を図ることが重要です。適切な訪問看護を提供するために、定期的に「訪問看護計画書」および「訪問看護報告書」を主治医に提出します。

訪問看護指示書の種類

1)訪問看護指示書

通常使用される訪問看護指示書で、月1回主治医が『300点』を算定できます。

2)特別訪問看護指示書

患者の急性増悪などにより、頻回の訪問看護が必要になった場合に交付し、月1回主治医が『100点』を算定できます。ただし、「気管カニューレを使用している状態にある者」「真皮を越える褥瘡の状態にある者」については、月2回まで交付できます。

3)在宅患者訪問点滴注射指示書

週3日以上の点滴注射を行う必要を認め、訪問看護ステーションに対して指示を行う場合に交付し、主治医が『100点』を算定でき、患者1人につき週1回(指示期間7日以内)に限り、月に何回でも交付できます。

料金表

不明点等ございましたら、ステーションまでお気軽にお問い合わせください。